産婦人科外来の4Dエコーを最新型にバージョンアップしました

この度、産婦人科外来に最新型の4D超音波画像診断装置となるVolusonE10-BT18を新規購入しました。
同時に、以前から導入していたE10もBT16からBT18へバージョンアップし、妊婦健診に来られた患者様には最新機器で超音波検査を受けていただけるようになりました。
また、患者様に直接ふれるプローブも、最新の「Electronic4D eM6C G2プローブ」を導入し、より軽くより高精細に全深度・全方位をスピーディーにフォーカス出来るようになりました。
今後とも、最新の設備導入により妊娠全期間にわたりより良い検査・診療をを目指してまいります。

カテゴリ: