文字の大きさ

配色

医師紹介

舟田 俊平(ふなだ・しゅんぺい)

1981年大学卒業後、小児科に進み、大阪~神戸の病院の勤務医として研鑽を積んで来ました。ワクチンで防げる感染症の流行を繰り返していたことや、海外では広く使用されて実績をあげているワクチンを日本の子どもさんにはうつことが出来ない、いわゆるワクチン・ギャップが当時は大きく、予防医学の重要性を痛感し保健所に転身しましたが、近年ほぼ解消されたこともあって、再び臨床現場に戻りたいと願っておりました。
このたび、ご縁があって、「あさぎりこどもクリニック」を小南先生から引き継ぐことになりました。
あさぎり病院で生まれた赤ちゃんの1か月健診をはじめとする健診や予防接種に力を注ぐとともに、それらとは時間帯を分けて感染対策に注意をしながら一般診療を手がけています。
子どもさんの病気による負担を少しでも減らすとともに、お母さんの負担や心配を軽減して育児を楽しんでいただけるよう尽力したいと思っていますので、今後とも宜しくお願いします。

経歴
  • 大阪大学医学部 卒業
  • 大阪警察病院小児科勤務
  • 愛染橋病院小児科勤務
  • 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科勤務
  • パルモア病院小児科勤務
  • 近畿中央病院小児科医長
  • 神戸掖済会病院小児科部長
  • 鐘紡病院(現:神戸百年記念病院)小児科部長
  • 神戸市保健所医務担当部長

ページの先頭へ移動