低濃度笑気ガス麻酔

低濃度笑気ガス麻酔について

低濃度笑気ガス麻酔について多数の患者様は従来通りの点眼麻酔、局所麻酔での手術で問題ありませんが、眼の手術が怖い、不安が強いなど、どうしても恐怖感が勝ってしまう患者様のために、低濃度笑気ガス麻酔を導入致しました。

笑気麻酔とは

笑気麻酔とは亜酸化窒素(笑気)と医療用酸素を混合した気体を吸入して、痛みを感じにくくリラックスした状態を作り出す麻酔です。笑気は弱い鎮静、睡眠作用を持っています。効果の発現と消失は速やかです。循環器や呼吸器に影響を与えず、肝臓にも負担をかけません。歯科では、小さなお子さんの治療の際などに、前から使用されており、非常に安全性の高い麻酔で、保険診療でおこなえます。

眼科手術に恐怖感をお持ちの方にはおすすめの麻酔方法です。ご興味のある方は主治医にご相談ください。

麻酔の方法
  1. 麻酔の方法鼻から酸素と笑気を吸入します。
    (少し甘い香りがしますが、ほとんど感じません)
  2. 2~3分で気持ちがリラックスして落ち着いた状態になります。
  3. 笑気ガスを止めると、すぐに麻酔の影響はなくなり、歩いて退出できます。