医療法人社団吉徳会 あさぎり病院
目次を見る 職員募集 地図・アクセス

ご来院の方へ

夢プロジェクト

医師募集

産婦人科 後期研修医募集

看護師募集

コメディカル・その他募集

あさぎりこどもクリニック

看護職募集サイト
あさぎり病院は働く女性を応援しています

日本眼科学会研修施設/日本産婦人科学会卒後研修指導施設/臨床研修協力施設

入院費(DPC)について

TOP > ご来院の方へ > 入院費(DPC)について

あさぎり病院は平成20年7月1日より、「DPC」の実施病院となりました。

DPCとは?

DPC=「診断群分類包括評価方式」とは【Diagnosis Procedure Combination】の略で、医療の標準化を進めて高い水準の医療を提供することが目的とされています。

従来の診療行為ごとに計算する「(全)出来高方式」とは異なり、入院される患者様の病状などを元に手術や処置の内容に応じて、厚生労働省が定めた分類(診断群分類)ごとの1日あたりの点数からなる包括評価部分(投薬・注射・処置・検査・入院基本料etc)と出来高評価部分(手術・麻酔・内視鏡検査・指導料etc)を組み合わせて計算する新しい計算方法です。

医師が患者様の病状や診療内容によって診断群分類(約1,570分類)を判断し、DPCで医療費を計算します。まれに病状が診断群分類の包括方式項目に該当しない場合があり、その場合は従来の計算方式(出来高方式)になります。また、下記のような場合に関しても、従来の出来高方式や自由診療(自費診療etc)となります。

従来方式対象

  • お産で入院される患者様(自費診療分)
  • 労働災害に対する診療で入院される患者様
  • 交通事故に対する診療で入院される患者様
  • 入院後24時間以内になくなられた患者様

DPCについてQ&A

Q1 DPCに変えたのはなぜ?
A1

従来DPCによる医療費制度は、平成15年度から大学病院や国立病院などの高度先進医療を行っている特定機能病院を対象に実施されていました。

平成16年度より、厚生労働省の調査に協力し、定められた施設基準などを満たした急性期医療を提供する一般医療機関もDPC対象病院として認可を受けられるようになりました。※
当院は、医療の標準化・向上を目指し、2年間の調査期間を経て、平成20年度よりDPC対象病院として認可を受けました。

※平成26年現在のDPC対象病院は1,585病院

Q2 DPCと出来高方式(従来方式)は自由に選べるの?
A2

選べません。厚生労働省の定めにより、DPC対象となる病状に対してはDPC以外の計算は認められていません。

Q3 DPCだと治療が変わるの?
A3

基本的には変わりません。
ただし、入院対象となった疾患の治療を行うことを主とし、標準化を図っているため、緊急性などを鑑み、入院中に必ずしも行わなくてもよい医療行為は入院前後(術前術後検査・処置etc)の外来にて行います。

Q4 入院費の支払いはいつ?
A4

基本的には退院時支払いになります。
ただし、暦月をまたぐ場合は月末締めで分割の支払いとなります。

Q5 入院中に病状が変わったときや転科したときは?
A5

入院主疾患が変更された時点(診断群分類を変更した時点)で入院日に遡ってDPCの計算をやり直します。病状が変化した場合、診療科が変わった場合、また複数の疾患治療を行った場合においても1入院期間と見なし、入院主疾患の変更を行う可能性があります。入院中に暦月が変わり、入院主疾患が変更となった場合は、前月分の医療費の差額を次月または退院時に過不足調整させていただきます。

Q6 高額療養費の扱いはどうなるの?
A6

高額療養費等、健康保険制度に関しては従来どおりです。

このページのトップへ

持参薬のお願い

当院または他院で処方されたお薬は、ご持参の上、ご入院ください。
当院では薬剤師が、お薬の重複を防ぐため持参薬の確認・管理を行っております。
入院時には持参薬の提示を宜しくお願いします。

その他、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく総合受付へお尋ねください。

  インデックスページへ このページのトップへ
医療安全管理指針 院内感染対策指針 個人情報保護方針 リンク集
Copyright(C) 2007 医療法人社団吉徳会 あさぎり病院 All Rights Reserved.
お問い合わせ 文字を標準サイズにする 文字を拡大する