078-912-7575

レシピ

~キャベツとツナの和え物~

キャベツには「キャベジン(別名ビタミンU)」と呼ばれる栄養素が野菜の中で最も豊富に含まれています。名前の通り、キャベジンはキャベツから発見された成分で、傷んだ胃粘膜を修復したり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防したりする効果があります。捨ててしまいがちなキャベツの芯にも栄養はあり、むくみ予防に役立つカリウムや骨や歯を強くするカルシウムは、葉っぱの約2倍も含まれています。
甘味成分も芯の方が多く含まれているため、工夫次第で美味しく食べることが可能です。細長く切ってきんぴら風、細かく刻んで餃子のタネや肉団子の具材にするなどがおすすめです。