当院で取り扱っている疾患と治療

3焦点眼内レンズ

当院では、3焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行っております。

第31回JSCRS学術総会 イブニングセミナー(東京歯科大学水道橋病院 ビッセン宮島弘子先生座長)にて、森井眼科部長が講演いたしました。

ファインビジョン(FineVision,FineVision Toric)

3焦点眼内レンズ ファインビジョン(FineVision,FineVision Toric) PhysIOL社製の3焦点回折型多焦点眼内レンズです。眼内固定がよく、3焦点回折構造をもちいているため、遠・中75cm、近方30cmの焦点にピントが合い、遠くから手元までバランスよく見ることができます。グレア・ハロー現象といった夜間の見えにくさも発生しにくくなっています。

親水性アクリルレンズであるため、長期的に眼内レンズが白濁する「グリスニング」という現象はほぼなく、透明性が長期に維持されます。

厚生労働省の認可がまだのため、完全自由診療のレンズとなります。

※日本眼科手術学会誌に森井眼科部長の論文が掲載されました。

    

 

パンオプティクスPanOptics(Alcon社)

3焦点眼内レンズ ファインビジョン(FineVision,FineVision Toric) 3焦点のPanOpticsは、3つの焦点(遠方・中間60cm・近方40cm)があります。

日常よく使う焦点距離に合わせた3焦点レンズです。

夜間のグレア・ハローを軽減する設計ではないため、グレア、ハローはやや強めになります。

厚生労働省により認可されている、先進医療対応レンズです。

2焦点レンズとの見え方比較シミュレーション

2焦点レンズとの見え方比較シミュレーション